悟空の本棚 ⑮

 今回ご紹介するのはボックスアートの第一人者
 高荷義之氏の作品集です!
 昔はタミヤのプラモデルと言えば高荷氏の絵でした。
 周りの風景や情景まで描き込まれた絵に惹かれて
 戦車のプラモデルを買った子供も多かったのではないでしょうか!?


画像


画像


画像


画像




 しかし、
 最近の戦車のプラモデルには高荷氏の様に
 背景まで描き込まれた絵を見かけることは少なくなりました。
 下の絵は、最近見られる乗物だけが描かれている絵です・・・。


画像
 


 以前何かで聞いた(読んだ?)話では、
 アメリカへ輸出した際、
 戦車以外の中に入っていない物(奥の人物やその他の乗物等)
 まで描かれていると言う事が問題となり、
 現在の様な絵に成ったと聞いた記憶があります・・・・。
 
 アメリカが何ぼのもんじゃい!!!!!!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年12月14日 23:23
ゴクウ様!
すてきな本をお持ちなんですね。
これなら、いつでも戦車や戦闘機を眺めることができますよ。
タミヤも箱のイラストを手抜きしないでやったことが、タミヤブランドを作ったのだなと思います。

週刊文春に「価格128万円の戦艦大和の模型」がでていました。1.9メートルですって。購入すると職人さんが組み立てをしてくれるとのこと。
そんな大きい模型を置くところがある家がうらやましいわね~
ゴクウ
2007年12月14日 23:49
>ちゃむちゃむさん
以前ちゃむさんの所でお話しした
高荷さんの作品集です。
イラストと言うより絵画に近い物を感じますねぇ。
高荷さんと言えば、小松崎茂さんのお弟子さんに成るのでしょうか?
それ以前のボックスアートは、結構いい加減な物も有ったみたいですが、高荷さんによって正確な絵が描かれる様に成ったんですねぇ♪

1.9メートルの大和!
もの凄く無理すれば部屋に入らなくは無いですが、128万・・・・・絶対無理です!!!
2007年12月14日 23:49
ぞくに言う、白箱ですか、・・・最初にやったのは、確か、・・・タ●ヤだったような気がしますけど、・・・ホンダのF1もので、1/12スケールだったような・・・凄く高価なものだったですね。(^^;) 高荷氏は、何でも描ける方なんですけど、・・・・「ナウシカ」のポスターは、・・・・リアルすぎて、作品のイメージに合わなかった印象があるんですけど(反論もあるかもしれませんけど)、ロボットものは、最高に合ってましたね(ザブングルとか)。 でも、水彩であそこまで描ける・・・天才でございます。
ゴクウ
2007年12月14日 23:57
>三型さん
戦車だけが描いてある様な箱を
白箱と言うんですね!?
一番下の本は、タミヤのボックスアートを集めた本です。
高荷さんの「ナウシカ」
私も見た事あります。
確かにリアルすぎてちょっと恐かったですねぇ!
何故宮崎さんの絵を使わなかったのでしょう?
「ザ・ブングル」や「ガンダム」の絵も見た事あります。
まるで実在している様なメカは迫力が有りました!
アクリルじゃなくて、水彩なんですか?

あっ、 腰御大事に!
2007年12月15日 00:25
80年代になってから、アクリルにされたそうです。 ちなみに、背景の件は、水彩で描いたものは、水で薄めて、絵の具を消したそうです。 もったいない話です。
トキ
2007年12月15日 00:27
ううむ・・・・。
多分この方が描かれたパッケージのプラモデルは何個も買ったかも知れませんが・・・・。
ちょっと今見ると凄すぎですねえ・・・・!
イラストというよりは画家ですなあ!(笑)
しかし「アメリカが何ぼのもんじゃい!!!!!!」
・・・・て!(笑)
ゴクウ様も守備範囲が広いですねえ!
こういうのってボックスアートって言うのですね!知りませんでした!
2007年12月15日 08:33
いらすとれーしょん??
ドコがイラストぉ??
っていうくらい上手です!
ときさんもいぅとぉり
絵画ですよぉ!!(@@)
(ひえぇぇぇ!)
アメリカって嫌い?
aya も、どわいっ嫌いです
(きっぱり)
ゴクウ
2007年12月15日 21:38
>三型さん
戦車の前方に描かれたバイクが
上から塗りつぶされている様な絵が
この本にも載ってます。
多分バイクがNGに成ったのだと思います。
勿体無いですよねぇ・・・。

>トキさん
トキさんもタミヤの戦車買ってましたかぁ!
多分高荷さんの絵も見ていると思いますよ♪
確かにイラストレーターと言うより画家ですよねぇ。

プラモデルの箱に描かれている様な絵、ボックスアートと呼ぶみたいですよ♪
ボックスアートを手掛けていらっしゃる方の本はまだ有るので、又いずれ紹介いたします!

>ayaさん
額縁に入って壁にでも掛けてあれば、
間違いなく絵画ですよねぇ♪

アメリカ、嫌ですねぇ!!!
温室効果ガスの最大の排出国で有るのに、京都議定書にも加わらず、自分の国さえ良ければ良いと言うエゴの塊りの様な国ですよ!!
プンスカ プンスカ!!!
アッ、
悪いのはアメリカじゃなくてブッシュ!?
2007年12月16日 00:00
この本は持っていませんね。
あ~欲しくなる本ですな。
師匠の小松崎氏も、もちろん負けず劣らずカッコイイイラストですが・・・サインが邪魔。
漫画なんかも大コマの絵には必ずサインがありますね。
その点高荷さんは、サインもなく奥ゆかしい方ですな~。
重巡洋艦【摩耶】のイラストおよびプラモデル大好きでした!
特徴あるゴツゴツした艦橋を作るのは、大変でしたが。
たぶん描かれていたのでしょうね。

ゼロ戦パイロット酒井三郎氏が、イラスト描けたら・・・もっとデイテールが細かくて、リアルなことでしょうね。
2007年12月16日 18:00
こんばんは。
最初の頃の絵はリアルで素晴らしいですね。
乗り物の絵ってなつ猫は苦手なので…
感心してしまいますね(^_^)
ゴクウ
2007年12月16日 21:25
>たまさん
たまさんも流石に持ってませんでしたかぁ!
ウシシシシシ・・・・。
確かに、小松崎氏の絵にはサインが有るけど、高荷氏の絵はサインが無いですねぇ!
原画ならばサインが有った方が値段が高くなるんでしょうが、プラモデルの箱の絵と成ると確かに必要無いかも!

重巡那智、ニチモのプラモデルでしたよね?
那智の手前に水上機が描いてある!
妙高型や高雄型の艦橋は良いですねぇ!♪
ニチモの200分の1の大和も高荷氏の絵ですね♪

坂井氏が描いたゼロ戦の絵ですか!
見てみたいですぅ♪

>なつ猫さん
最近のプラモデルの戦車は、
一番下の絵のようにサッパリとした感じの絵が主流になってしまい、高荷さんの様に背景まで描き込んだ絵は少なく成ってしまいました。
私も子供の頃は高荷さんが描いた箱の絵を見てワクワクしていましたよぉ♪
乗物の絵は確かに難しい~!!!!

この記事へのトラックバック