「日本のいちばん長い日」

 昨日 8月15日 は
 70回目の「終戦記念日」でした。



 そこで・・・と言う訳でもありませんが、
 
 「日本のいちばん長い日」(松竹版)と言う映画を観てきました。


画像




 昭和20年8月14日正午、
 御前会議で「ポツダム宣言」の受諾が正式に決まり
 日本の敗戦が決定します。
 そこから15日の正午に「玉音放送」が流れるまでの
 長い1日を描いた映画です。


 実はこの「日本のいちばん長い日」と言う映画は
 昭和42年にも一度「東宝」で映画化されています。


画像


 
 「東宝版」では
 14日正午の御前会議から「玉音放送」が流れるまでの長い一日を
 丁寧に詳細に描いていて、
 この24時間で何が起きていたのかがよく分かりました。

 しかし今回の「松竹版」では
 14日正午の御前会議までが長く、
 実際に御前会議の場面が出てきたのは
 映画の中盤当たりだったでしょうか・・・・・・。
 その為、
 肝心の”いちばん長い日“がダイジェストの様な形になってしまい
 何が起きているのか分かり辛かった気がします・・・・。


 又、
 俳優陣も「東宝版」では名優が数多く出演しているのに対し、
 「松竹版」では主要キャスト以外は殆ど知らない方で
 誰が何の役をやっているのかも分かり辛いところが有りました・・・。
 それと、
 とても暑い一日だった筈なのに、
 「松竹版」ではその暑さが殆ど画面から伝わってきません。
 「東宝版」では暑い夏の一日の様子も画面に出ていたと思います。



 以下、
 左側が「東宝版」の俳優陣。
 右側が今回の「松竹版」の俳優陣です。


画像


  阿南 惟幾(あなみ これちか) 陸軍大臣

   戦争終結を決意した天皇の御聖断と陸軍との間で苦悩する。
   15日の午前6時、
   「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」と言う遺書を残して割腹自決を遂げる。
   


画像


   鈴木貫太郎(すずき かんたろう) 総理大臣

    東条内閣総辞職後 天皇より直接
    「この重大なときにあたって、もうほかに人はいない。
    頼むから、どうか曲げて承知してもらいたい」 と頼まれ、
    歴代総理最高齢の77歳で総理となる。
   
   

画像


   迫水 久常(さこみず ひさつね) 秘書官長

    鈴木内閣の秘書官長として 裏から鈴木総理を支える。



画像


   畑中 健二(はたなか けんじ) 陸軍少佐

    敗戦を受け入れず
    東部軍司令官と近衛師団長に決起を促すも失敗。
    師団長を殺害し師団長名の命令書を偽造。
    皇居を占領し玉音盤の捜索に当たるも発見できず。
    15日の正午、
    玉音放送が流れる中、皇居前で自決。

  




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2015年08月16日 20:26
ゴクウ様は東宝のを先にご覧になってたのですか?そちらの方が良かったですか?ちょっと東宝版の監督を見てビックリ!岡本喜八監督ではないですか!?そうか、喜八監督はこういうのも作られてたのですね。実は・・・監督はもうお亡くなりになりましたが、この監督の長女とは友達です。家も直ぐ近くで・・・喜八監督も私の父と同じで特攻隊で出撃直前で終戦したらしいです。色々な想いもあって映画を作られたのでしょうね。ちょっと観てみたくなりました。
シーちゃん♪
2015年08月19日 17:47
「日本のいちばん長い日」を 観られたんですね^^
東宝版もご覧になっているとは さすがゴクウさん

背景も精神性もまったく違う時代(戦争体験者)を経た方々の作品と 自ずと違いが出てしまうのでしょうか・・
映画技術は 今の方が優れていると思いますが 配役しかり 何か物足りなさを感じてしまうのは わかります。
昔のように汗臭く生々しい?感じの人少ないですよね(笑)
yoshi
2015年08月19日 19:24
この映画、TVで再放送があったような気がします。
キャストは、前作の方が良かったですね。
それぞれの持ち味がでて、良い作品になっていたと思います。
ゴクウ
2015年08月22日 14:24
ハギーさん
ハギーさんは岡本喜八監督の娘さんとお友達なんですねぇ
今度ハギーさんのブログで詳しく教えて下さいまし。
岡本監督自身、
多くの戦友達が亡くなった戦争が
どのような形で終戦を迎えたのか知りたくて
この作品に取り組んだ・・・と言う様な事を仰っているようです。
あの時代を生きた方が作った映画だけに
リアリティーもあるのですね。
若しご覧になるのでしたら断然東宝版をお勧めします。

シーちゃん♪
東宝版の方を先に観ているだけに
今回の方は物足りなさを感じたのかも知れません
松坂桃李をはじめ、若い俳優さん達の軍服姿も
何だか様に成っていない気がします・・・。
東宝版がNHKのドキュメンタリーだとすると、
松竹版は民放のドラマと言う感じでしょうか

気持玉をありがとうございました

yoshiさん
最近BSで遣っていた様ですね
東宝版の方は余り出番の多くない役にも
名優さん達が顔をそろえていて見応えがありました。
モノクロ作品でしたが
それもかえって良かったのかも知れませんね

あきらん+さん
気持玉をありがとうございました

名無しさん
気持玉をありがとうございました
ハギー
2015年08月22日 18:13
ウチの娘が保育園に入って同じクラスだったのが喜八監督の長女の方の娘さんでした。ですから最初は監督の名前も全く知りませんでした。後から「私の父は映画監督で・・・」と言われて初めて監督の名を知りました。監督の事務所も行った事ありますよお。我が家から直線で100m
ありません。ここから見えます。
2015年08月22日 20:03
こんばんは。
ほうほう… そうなんですね~。
70年… 長いような短いような。
戦争は、もういらないですね。
ゴクウ
2015年08月27日 21:12
ハギーさん
娘さん繋がりだったのですね。
監督さんの事務所も近いんですねぇ
岡本喜八監督は「独立愚連隊」が有名です。
私は見た事はないのですが・・・・・。
しかしこう言う方とお知り合いとは羨ましいですぅ

なつ猫さん
そうなんですよぉ!
あれから70年が過ぎ、
戦争を経験した方がどんどん少なくなっていき、
安倍信三の様な人が総理になると
あの戦争を忘れない為にも
映像化していくのは良い事んのかなぁと思ったりします

気持玉をありがとうございました