テーマ:

悟空の本棚 26

 何と !  2013年3月以来の「悟空の本棚」でございます !!  ・・・・・と言う事は、  これと言ってネタが無いと言う事です・・・・・。  今回ご紹介するのはこちら !  この本も随分昔に買った本です。  “ノーマン・ロックウェル”さんは  1920年代~1960年代に活躍…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

悟空の本棚 25

 先週、ふらっと入った本屋さんの棚の、  『売れている本ベスト10』的な一位の場所に  「世界から猫が消えたなら」という本が置かれていました。  本のタイトルと、  オビに書かれている方たちの推薦の言葉に引かれ  この本を買って帰りました・・・・。  医者から余命数日と宣告された青年の前に  自…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

悟空の本棚 24

 この本は、  今年の3月に“松屋銀座”で有った  「中島 潔 展」を見に行った時に買った本です。  友達に誘われて見に行ったのですが、良かったですよぉ  思っていたよりも一枚の絵は大きくて、  一枚一枚食い入る様に見てきました・・・  やはり本物を見ると言うの…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ぴあ

 1972年10月 に創刊された「ぴあ」が  8月4・18日合併号を最後に休刊する事となりました!  インターネットの普及で情報誌としての役割を終えた・・・  と言う事らしいのですが、  未だパソコンなど持っていない“昔”  どこの映画館で何を上映しているのか、  時間は何時からか・・・・など、  観たい映画がある時に「ぴ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

悟空の本棚 23

 今回ご紹介するのは  小山薫堂 著 「恋する日本語」です。    この本を買うきっかけと成ったのは  以前NHKで放送していた、この本を原作としたショートドラマでした。  番組 ホームページより・・・・  コトバを食べるという不思議な青い小鳥に誘われて迷い込んだのは、  ア…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

悟空の本棚 22

 今回は、  学研から出ている「Character AGE」と言う雑誌です。  私のマニア心をくすぐる内容の雑誌なのですが、  定期で発売されている訳では無い様で、  私が持っているのは「VOL 01」と「04」だけです。  「01」は2008年10月発売で、  「04」は2010年4月発売となっています・・・・。  私も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

悟空の本棚 21

 ・・・・・・と言うことで、  悟空の本棚でございますぅ。  今回は“鳥山 明”氏の作品集です。  この本を買ったのも随分と前ですが、  初版は1990年1月で、  私の買ったものは1991年2月の第6版でした・・・。 …
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

かいじゅうたちのいるところ

 「かいじゅうたちのいるところ」を観て来ました。  世界的に有名なモーリス・センダックさんの絵本が  原作と成っているお話です。    絵本の話はとても短く、  それをどうやって1時間40分の映画にするのか  最初は少し心配ではありましたが・・・。  絵本の中に出てくる“かいじゅう”達には  名前…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑳

 久し振りに「悟空の本棚」でございます。  昔からロボットアニメは沢山有りましたねぇ  古くは「鉄腕アトム」に「鉄人28号」  そして  「マジンガーZ」「「ライディーン」「コンバトラーV」  近年だと  「ガンダム」や「エバンゲリオン」等々  そんな中で、 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑲

   去年の10月から12月までフジテレビで放送していた、  倉本聰さん脚本のドラマ「風のガーデン」のシナリオ本です。  とても上質なドラマだったと思います。  後半は毎回の様に涙を流しながら見ていました。  緒形拳さんの遺作と成った作品でも有ります・・・。  緒形さんのおじいちゃん、素敵でした。   …
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑱

 今、吉永小百合さんがテレビで遣っている  「東山魁夷」さんの白い馬の絵が出て来る液晶アクオスの  CMをご存知ですか?  東山さんの絵は昔から好きで、  この本は 18~19歳の頃に買ったんだったと思います・・・。  特に「白い馬」が出て来る絵は大好きですぅ♪  この本は、  「現代日本の美術」(全14巻)の第一回配…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑰

 確か、2月頃に買った本だったと思います。  本屋で見つけて30秒程悩んだ結果、  買いましたぁ!!!  左上の写真で、ゴジラの人形を持っているのが“本田猪四郎監督”  その右側が“円谷英二氏”  
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑯

 今回はエイリアン繋がりで  「H・R・ギーガー」の作品集です。  正直、可也エグイ感じです・・・・・。  その中から比較的大丈夫そう(何が?)な絵を !  エイリアンの元と成った様な絵や、  映画の中に登場する「スペースジョッキー」の絵も有ります。
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑮

 今回ご紹介するのはボックスアートの第一人者  高荷義之氏の作品集です!  昔はタミヤのプラモデルと言えば高荷氏の絵でした。  周りの風景や情景まで描き込まれた絵に惹かれて  戦車のプラモデルを買った子供も多かったのではないでしょうか!?  しかし、  最近の戦車のプラモデルには高…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

悟空の本棚 ⑭

イラストレーターの「生頼 範義 (おおらい のりよし)」氏の作品集です。 これも随分昔に買った本です・・・・。 生頼氏の名前を聞いた事の無い方もこの絵は見た事が有るかも知れません! 「スターウォーズ 帝国の逆襲」の日本版ポスターを 描かれた方です! 生頼氏は、この他にも沢山の映画のポスターを…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

悟空の本棚⑬

ジム・ヘンソン氏が作り出したマペットの写真集です。 セサミ ストリートでお馴染みのキャラクター達が沢山出てます♪ 私は、クッキーモンスターと ゴミバケツから頭だけ出している緑のヤツ(オスカーだったかな?)が好きでした! 因みにマペットと言う言葉は、 ジム・ヘンソンがマリオネットとパペットを組み合わせた造語だそうです。 こ…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

悟空の本棚⑫

今の子供達は「コナン」と言えば「名探偵コナン」ですよね。 でも、オジサン達にとっての「コナン」は、 「未来少年コナン」なのです♪ 「未来少年コナン」が放送されたのは昭和53年。 「ルパン三世カリオストロの城」の前年なんですねぇ♪ 演出は勿論 宮崎駿氏! 作画監督は 大塚康生氏! 美術監督は 山本二三氏 でした。 この…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

悟空の本棚⑪

「となりのトトロ」と「魔女の宅急便」の 設定資料集です・・・・・。 「となりのトトロ」 「魔女の宅急便」 フラッシュでちょっとテカッテます・・・・スミマセン。
トラックバック:2
コメント:27

続きを読むread more

悟空の本棚⑩

今回は、 「森の標本箱」と言う本のご紹介。 石や木の枝を使って、動物や昆虫を作ってます。 私も挑戦してみたいのですが、 残念ながら私にはこのセンスは有りません・・・・・。 と言うか、こんな石や枝が落ちていません・・・・・・。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

悟空の本棚⑨

ウ~ム・・・。 何となく、ネタに困った時の本棚みたいに成っとる・・・・。 今回は、 宮崎監督が、「モデルグラフィックス」と言う模型の雑誌に連載していた漫画を、 一冊にまとめた本です。 宮崎監督が、殆ど趣味で描いていた様な、戦争物の漫画です。 宮崎監督の漫画の中には、何故か豚が主人公の漫画が多く出てきます・・・。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

悟空の本棚⑧

ネタに困った時の本棚です・・・・。 ゴクウさんの本棚には、何故かこんな本も有ったりします・・・。 「ヨーロッパ 古城物語」 別にお城マニアと言う訳では無いのですが・・・・。 表紙に写っているお城は、ドイツに有る「ノイシュバンシュタイン城」です。 1869年から17年の歳月をかけて造られたお城で、 ディズニーランドのシ…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

悟空の本棚⑦

スタジオジブリ作品の背景を幾つか手掛けている、 男鹿和雄氏の画集です。 サツキとメイが、最初に“マックロクロスケ”に出くわした台所 「♪マックロクロスケ出ておいでぇ!  出ないと目玉をほじくるぞぉ!!」 ねこバスがやって来たバス停 こちらは、「おもひでぽろぽろ」の背景 背景画と言うより、風景画…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

悟空の本棚⑥

宮崎駿監督が描いた、 「ルパン三世 カリオストロの城」の絵コンテです。 買ったのは随分前ですが、何故これを買ったのか? 今考えると???? どのシーンか分かりますかぁ? クラリスが閉じ込められている塔へ忍び込んだルパン、 クラリスを元気付けようと、手の中から小さなバラの花を取り出します・・。 ルパン「今はこれが…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

悟空の本棚⑤

今日から「読書週間」が始りました。 ・・・と言う訳で、悟空の本棚です。 今回の「空の名前」と「宙(そら)ノ名前」は、 以前、ziziさんの掲示板でも紹介した本で、写真や解説が素敵な本です。 「空の名前」は、雲や雨、光や風など昼間の空の本。 「宙ノ名前」は、月や星、星座など夜空の本です。  「空の名前」  「…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

悟空の本棚④

「風の谷のナウシカ」全7巻です。 可也の大河ドラマです。 映画のラスト近くで、王蟲が風の谷へ押し寄せてくる場面は、 第2巻の真中辺りに出てきます・・・。 そして、その後もお話は続いていくので有りました! 読んだのはもぅ随分と前なので、細かな内容は忘れてしまいました。 読書の秋、 もう一度初めから読んでみようかと、思…
トラックバック:1
コメント:9

続きを読むread more

悟空の本棚③

私の部屋の本棚には、何故かこんな本も有ったりします! 「絵でみる宇宙大地図」 随分と前に買った本ですが、当然、「冥王星」も載っています。 『天文学者が海王星を発見したとき、それだけの質量では天王星を予想の軌道からそらすだけの力がないことがすぐに分かり、9番目の惑星探しが続けられたのだ。・・・・・・1930年2月、トンボ…
トラックバック:1
コメント:23

続きを読むread more

悟空の本棚②

去年の5月から9月まで、隔週で発売されていた、 「ULTRAMAN」と言う全10冊の雑誌です。 「ウルトラQ」からウルトラマンシリーズ13作目の「ウルトラマンマックス」まで、 14作品が紹介されています。 登場怪獣の全ての写真も載っていて、 私にはとても楽しい雑誌なのです! 因みに、一冊580円でした・・・。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

悟空の本棚

ワタイの部屋の本棚に並んでいる本を、 チョイト紹介してみようのコーナー!! (♪パフ・パフ・パフ  ドン・ドン・ドン・ドン・・) で今回はこの本! 「トトロの住む家」です。 あの宮崎駿監督が書いた本です。 東京近郊に今も残る、 トトロが住んでいそうな家を紹介している本です。 中には、宮崎監督の絵も載っています。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more